丹波立杭 陶の郷

1 5月

GW前半の三連休、最後の日に何となくですが知り合いと丹波立杭焼の郷である今田に行って来ました。 この土地は後輩の畑があり、よく行きがけに通る所で、前々から焼き物で有名なのは知っておりましたが今回のようにゆっくりと見学したのは初めてでした。

それと・・・ 実は結構、焼き物が好きなんです♪

まぁなかなか高価な物は買えませんけどねw

 

IMGP6396

丹波立杭 陶の郷(すえのさと)

入場料は大人200円、駐車場は無料なんですが、この日は常に満車になっておりました。 幸い自分達は早目に入っていたのでギリ空いてましたけど・・・。

施設は山間部の拓けた場所に在り、周辺には陶芸家宅が新旧合わせて56軒も在るそうです。 施設内には展示場、土産物、陶芸教室、etc がありましてかなり広い敷地でした。 中庭には露店がありここで田舎そばを頂きました。

天気も良く、そして景色も良い! 田舎そばは素朴だったんですが周りに反映されてとても美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

IMGP6394

ここは即売所です。

室内に各間仕切りがあって、56の陶芸家が焼いた焼き物が展示してあり、そのまま購入出来るようになっていました。 まさに陶芸!という物から斬新な焼き物。 値段も手頃な物から高価な物まで! 良いなと思う物はやはり高かったw

そして案内所でこの敷地を出た表通りに56軒の焼物屋さんが軒を連ねており、散策してみて下さいとの事だったので軽く覗いてみることにしました。

しかしそこで呆気に取られたのは・・・!

 

 

 

 

 

 

IMGP6400

これぞ焼き釜という登り釜!

これがあってこその丹波立杭焼きです。 館内で映像説明があったのですが、釜の正面にある穴が蜂の巣と呼ばれる排火口になっており、ここから火を吹きまくる状況で三日三晩、火を絶やさず燃やし続けるとの事でした。

実物の迫力は圧巻でした。

もっと写真を撮って載せたかったんですけど、施設には室町時代の焼物から国宝級の様な焼物も展示してあって、どこまで撮影したら良いのかさっぱり分からず、これだけの写真となりました。 

地味ですが、なかなか良い所でしたよ!w

機会あったら行って見て下さい。

 

 

 

 

広告

コメント / トラックバック4件 to “丹波立杭 陶の郷”

  1. katu4126 2013/05/01 @ 2:34 PM #

    焼物ですか~
    色々興味は尽きませんね~

    その内秘密基地に釜でもできそうですね~。

    • しかちん 2013/05/06 @ 11:08 AM #

      焼き物は好きですけどコレクターで無ければ
      陶芸を目指す知識すらありませんw
      本当に見た目だけの感触で良いか悪いかの
      判断しか出来ないレベルです♪

  2. ピッコロの飼い主 2013/05/05 @ 11:50 AM #

    この窯面白いですね。 たしかに独特のつくりです。 遠征の際に窯によるのですが、いつも財布と相談した結果手を出さずに帰ってきます。

    • しかちん 2013/05/06 @ 11:09 AM #

      でしょ?
      良い!と思う物は素人目で見ても良くて
      やはり価格が張るんですよね・・・w
      折角この様な場所に行っても鑑賞しか
      出来ませんw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。